ペットとしてはかなり飼育が難しい「リスザル」!ぺっトといっても 所詮サルですからwwwww!!

小さいペット

ペットとしてはかなり飼育が難しい「リスザル」!ぺっトといっても 所詮サルですからwwwww!!

リスザル亜科 (Saimiriinae) 、
リスザル属 (Saimiri) に属するサルの総称。
ただし、特にそのうちの1種、
コモンリスザル Saimiri sciureus を単に「リスザル」と呼ぶこともあるた
め、注意を要する。
体長約29cm、尾長約41.5cm。大きさがリスのように小さく、
体色も似通っていることから「リスザル」と呼ばれる。
中南米の森林に集団で生息し、木の実や虫、小鳥を食べる。
ペットとして需要があり
「もっとも飼育しやすいサル」と言われているが、
あくまで「サルの中」での話であり、
ペットとしてはかなり飼育が難しい部類に入る。
軽い気持ちで購入してトラブルになる例もあるという。


出典 http://ja.wikipedia.org

見るからにかわいいんですが
しつけが難しく
 
頑張ってしつけをしているんですが
どうなることやら・・・


愛くるしいしぐさで動き回るリスザルは、ペットとして人気上昇中です。
リスザルは、オマキザル科の中では最小種のペットで、
別名“コモンリスザル”とも呼ばれています。
体色は黄色から黄褐色で、口のまわりが黒いことが特徴です。
ペットとして比較的飼いやすいといわれていますが、
あくまでもサルの中の話で
、獰猛さゆえにトラブルになることもあるので、注意が必要です。
サルの仲間で、一番初めに人工衛星に乗ったことでも知られています。


出典 http://yopitore.info

寝転がりながら
じゃれています。

おっと起きましたが、
また寝転がりました。

見ていて攻撃はしないだろうけど
攻撃されたら怖いwww!


リスザルはウサギやフェレットに比べると飼育管理に手間がかかり、
犬歯が鋭く攻撃力もあります。
さらに人と共通の感染症などの危険性もあり、
興味本位や衝動的な飼育には向かない動物です。

不適切な飼育管理が原因で、
リスザルだけでなく飼い主も不幸になってしまうケースがあります。
そうならないためにも、正しい知識をもって、
生涯責任を持って飼いましょう。

賢いからといって、飼い主が定めたしつけを守ろうとする習性はありません。
おしっこのマーキングや食べものの散らかしなど、
衛生面でしつけをすることは難しいです。
こまめに掃除をするなどして、少しでも良い衛生状態を保つ必要があります。


出典 http://yopitore.info

コモンリスザル

普通コモンリスザルのみをリスザルと呼ぶ場合もあります。

リスザルは、名前の通りリスのように小さいサルです。

最近ペットとして人気が出てきていますが、
獰猛なので、飼育は難しいと言われています。


コモンリスザル

出典 http://kachimai.jp

コモンリスザル

出典 http://art5.photozou.jp

コモンリスザル

出典 http://c1.staticflickr.com

ボリビアリスザル

ボリビアを中心に生息しています。

体長は約30cmでペットには適していません。

ボリビアリスザル

出典 http://www.mascotarios.org

ボリビアリスザル

出典 http://static.pepy.jp

セアカリスザル

体長は25~35cmで、
名前のとおり背中の部分が赤褐色や黄色っぽい色をしていて、
雑食性です。

セアカリスザル

出典 http://upload.wikimedia.org

セアカリスザル

出典 http://cdn.amanaimages.com

セアカリスザル

出典 http://cdn.amanaimages.com

クロリスザル

ブラジルのアマゾンなどに生息しています。

体重は600~1200g位あり、
自然破壊の為、年々へっています。

クロリスザル

出典 http://www.asahi-kasei.co.jp

クロリスザル

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

クロリスザル

出典 http://www.asahi-kasei.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ