ペットの中でも飼い方が実は難しい「フェレット」の選び方!

小さいペット

ペットの中でも飼い方が実は難しい「フェレット」の選び方!

主なフェレットの種類5匹

マーシャルフェレット
パスバレーフェレット
カナディアンフェレット
アンゴラフェレット
ニュージーランドフェレット


イタチ科に属する肉食性の哺乳小動物である。
ヨーロッパケナガイタチもしくはステップケナガイタチから
家畜化されたもので、古くからヨーロッパで飼育され、
現在は世界中で飼われている。狩猟、実験、毛皮採取、
愛玩用に用いられる。
体長は、成体で35 - 50 cmほど。
メスの方が小さい傾向にある。
視力はあまり良くないが嗅覚と聴覚は発達している。

また動体視力はある程度優れており、動くものに対して反応を示す。
毛色は様々である。犬歯が発達しており、
歯の本数は上下で36本である。
内訳は(上顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯6本、大きな奥歯2本)、
(下顎:前歯6本、犬歯2本、小さな奥歯8本、大きな奥歯2本)である。
体温は38℃で人間より高い、
また体温調整機能が未発達なため、40℃を超えやすい。
交尾はオスがメスを激しく背後から噛みながら行われる。



出典 http://ja.wikipedia.org

マーシャルフェレット

ペットの代表と言ってもいい位、多く飼われています。

ペットショップでは一番人気です。

性格は割とおっとりしています。
またしつけやすいので、初心者にはお勧めです。

柵の中をうろうろしています。
柵の外に出たがっているようです。

おいてある袋の中に入ろうとしますが
はいれません。

マーシャルフェレット

出典 http://animo-animal.jp

マーシャルフェレット

出典 http://www.ferret-world.jp

パスバレーフェレット

アメリカ生まれです。
色は豊富で、マーシャルフェレットの次に
日本では飼われています。

マーシャルフェレットよりも一回り大きく、
病気に強いのが特徴ですが、若干噛む癖があります。

一匹は柵の中からこちらを見ています。

もう一匹は柵を超えて出てきましたが、
すぐに戻されました。

一匹がまた柵から出ようとしたので、
指を持っていくと噛みました。

パスバレーフェレット

出典 http://sky.geocities.jp

パスバレーフェレット

出典 http://ferre.sakura.ne.jp

カナディアンフェレット

名前の通りカナダ生まれで、耳に刺青があるのが特徴です。

他のフェレットより体は大きく、
噛む癖があるのでしつけには時間が掛かります。


柵の中の穴から出ようとしていますが、
中々出られません。

やっと出てきましたが、
また違うあなにはいれいました。

よっぽど穴が好きなようです。

カナディアンフェレット

出典 http://img-cdn.jg.jugem.jp

カナディアンフェレット

出典 http://www.ferret-marin.com

アンゴラフェレット

デンマーク生まれで、毛並みが柔らかいのが特徴です。

性格は気性が激しく強気であるし高額なため、
初心者が飼うのには向いてません。


アンゴラフェレット

出典 http://bialbero-ferret.cocolog-nifty.com

アンゴラフェレット

出典 http://animo-animal.jp

ニュージーランドフェレット

名前の通りニュージーランド生まれです。

かなり大型に育つ種類だし噛みぐせが強いので、
初心者には向いていません。

ニュージーランドフェレット

出典 http://www.nettai.co.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ