「ミミズク」は可愛いがフクロウと似ているのでよく間違う!

小さいペット

「ミミズク」は可愛いがフクロウと似ているのでよく間違う!

ミミズクとフクロウはともにフクロウ科の鳥です。
一般的には、羽角(うかく)のある種を総称して「ミミズク」と呼び、
ミミズク以外のものを総称して「フクロウ」と呼んでいる。
羽角とはいわゆる耳の事です。

羽角は頭の左右にある一対の羽毛の束で、耳のように見えることから、耳があるのが「ミミズク」、耳がないのが「フクロウ」という言い方もしている。

「ミミズク」と呼ばれなくとも、シマフクロウのように羽角がある
「フクロウ」もいるので見分けがつきにくい。

アフリカオオコノハズク

サハラ砂漠以南のアフリカに生息しているミミズクです。
ストレスに弱い種で神経質であるので、ストレス死してしまうケースがあります。
テレビ番組での紹介で有名になりました。
性格的には人になつきやすく、猫のような性格の一面ももっています。

アフリカオオコノハズク

出典 http://www.alpacapacas.com

アフリカオオコノハズク

出典 http://www.carshop-bow.jp

ベンガルワシミミズク、アメリカワシミミズク

ワシミミズクは、
体長約72cmという大型のミミズクです。
メスはとくに大きく羽根を広げたら180cmにもなります。

アメリカワシミミズクは、
フクロウの仲間では南北アメリカ大陸で最もよく見られる鳥です。
見た目に怖そうで懐くのにはちょっと根気がいります。

ワシミミズク

ワシミミズク

出典 http://sorairo-net.com

ワシミミズク

出典 http://samaraw.com

アメリカワシミミズク

アメリカワシミミズク

出典 http://blog-imgs-35-origin.fc2.com

アメリカワシミミズク

出典 http://hickorywind.jp

ヨーロッパコノハズク

体長15~21cmと小型で人に慣れやすいし、
寂しがり屋ででペットとして人気があります。

ヨーロッパコノハズク

出典 http://i.ytimg.com

コミミズク

全長38.5cmの中型のミミズク。
アフリカ大陸北部・アメリカ大陸・南アメリカ大陸・ユーラシア大陸・西インド諸島・ガラパゴス諸島・フォークアイランド諸島・ハワイ諸島・日本・台湾
というように広く分布しています。

コミミズク

出典 http://pds.exblog.jp

コミミズク

出典 http://pds.exblog.jp

フクロウ科のうち羽角(うかく、いわゆる「耳」)がある種の総称。
古名はツク。ズクとも。フクロウには含めることと含めないこととがある。
羽角とは、哺乳類の耳(耳介)のように突出した羽毛である。
俗に耳と呼ばれるが、ミミズクに限らず鳥類に耳介はない。
分類学的には単一の分類群ではなく、いくつかの属からなる。
これらはフクロウ科の中で特に近縁ではなく、系統をなしてはいない。
ミミズクの種の和名は「?ズク」で終わるが、
「?ズク」で終わっていてもアオバズク属(アオバズクなど)には
羽角はなくミミズクとはいえない。また、シマフクロウのように
「ミミズク」と呼ばれなくとも羽角があるフクロウもいる。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ